保育士の資格を取って昔からの夢を叶えよう

男性

国家試験を受けずに取得

保育士を目指す人の多くが、養成課程のある大学や短期大学や専門学校に通っています。国家試験に合格することでも資格を取得できますが、難易度は高めです。そのため多くの人が、国家試験を受験せずに取得できる道を選択しているのです。また大学や専門学校によっては、幼稚園教諭の免許もあわせて取得することが可能です。

主婦に向く仕事を考える

保育園

主婦の仕事探し

育児に専念していた主婦が、子どもの手が少し離れて、そろそろ仕事を・・・と考えた時に役に立つ資格の一つが保育士です。保育士の仕事は専門性が高く、幅広い知識が必要ですが、同様に育児の経験が非常に生かせる仕事でもあります。子どもの病気や離乳食の過程、成長の過程すべてが、様々な点で保育の現場で役立つことでしょう。保育士の仕事は、一般に知られる保育園での仕事だけでなく、病院内、福祉の施設、家庭等での託児、また最近では美容室や商業施設での求人なども見られます。資格を持っていることで働ける機会が広がると期待できます。そのため、時間に制限のある主婦にとって、フルタイムの仕事だけでなく、短時間、少ない日数などの選択肢も少しずつですが増えてきています。家事と育児の両立も考えながら、育児の経験を生かした仕事をしたいという方にとって、環境が整いつつあると言えるのではないでしょうか。では、保育士の資格は、どのように取れるのでしょうか。保育士の資格は、国家試験を受けることで得ることができます。受験資格は特にありませんから、専門学校や大学などに通いながら勉強することもできますし、通信教育などで、勉強して受験の準備をすることもできます。保育士の試験の中には、時事問題も入ってきますから、インターネットを利用して情報を得たり、学習することも可能でしょう。幅広い知識が求められる職業ですので、コツコツと勉強をし、資格取得を目指すことをおすすめします。

仕事のスキルを磨くために

男女

仕事に使える知識を評価するビジネス資格は、取得しておくと様々なメリットが得られます。合格へ向けて学習することで自分の知識を再確認したり、新たな分野についても効率良く学ぶことができるからです。もちろん就職や転職の際にも評価されるなど、習得する価値は大いにあると言えます。

イチオシリンク

  • 保育士の資格完全ガイド!おすすめの通信講座も一挙公開

    保育士の資格を取得したいと感じている人はいませんか?それならここで案内されている内容を確かめてみるといいです。

国家試験に向け勉強

大学生

保育士になるために専門学校に通う人が多くいます。学習カリキュラムがしっかりと組まれているので国家試験に向けて確実に力をつけることができるようになっているだけでなく、実習の手続きなどもしてもらえるので安心して通うことができます。